薬剤師コラム

カワチ薬品の薬剤師がお届けする薬剤師コラム

  • 薬剤師コラム
  • 栄養士コラム

テーマ冬の風邪対策(風邪の症状と薬の選び方)

冬になり、気温や湿度が低下すると、風邪やインフルエンザが流行し始めます。勿論、予防することが一番ですが、いざ風邪を引いてしまった時のための備えもしておきましょう。

1.冬に増加する風邪とその症状

 毎年この時期になると、風邪を引く方が増えてきます。
 これは、冬になって気温が下がると空気が乾燥しやすくなり、空気が乾燥すると、鼻やのどの粘膜も乾燥してしまい、風邪等のウイルスや細菌が体内に侵入しやすくなることが原因の一つとして考えられています。

 また、風邪の原因となるウイルスの多くは低温と乾燥を好むため、冬になると風邪を引く方が増えてしまうのです。

 風邪は「普通感冒」と「インフルエンザ(流行性感冒)」の大きく2つに分類されます。

 一般的に「風邪」という時は普通感冒を指すことが多く、くしゃみや鼻水、のどの痛み、咳、頭痛、発熱等、様々な症状が現れます。風邪の場合、個人差はありますが、比較的軽症で回復するケースが多いことが特徴です。 

 一方、インフルエンザは、全般的に症状が強く出ることが多く、特に、高熱や関節痛、悪寒等がみられる場合があります。
 お子様や高齢者、妊婦等、抵抗力の弱い方では重症化することもあるため、予防接種等の対策をすると良いでしょう。

 他にも、風邪と似たような症状が現れる疾患として「RSウイルス感染症(※1)」等があります。
 RSウイルス感染症は、一般的な風邪と類似した症状がみられますが、生後数週間〜数ヶ月の乳幼児が感染すると重篤な症状を起こしやすく、突然死に繋がる無呼吸発作を起こすこともあります。
 そのため、風邪を引いている方は、RSウイルス感染症の可能性もあるため、0〜1歳のお子様との接触を可能な限り避けるようにしましょう。

※1:「RSウイルス感染症」

 RSウイルスによって発症する呼吸器の感染症。特に、生後数週間〜数ヶ月間の乳幼児が感染すると、気管支炎や肺炎等を起こすことがあり、1〜3%が重症化するといわれる。一方、成人の場合には、鼻風邪等の軽症で終わることが多いため、RSウイルス感染症とは気付かず乳幼児に接触し、うつしてしまうことがあるため注意が必要。


<薬剤師に聞いてみよう!>

Q1:インフルエンザワクチンを接種したのに、インフルエンザにかかった!ワクチンって本当に効果があるの?

A1: インフルエンザワクチンを接種すればインフルエンザに絶対かからない、というものではありませんが、ワクチンを接種しておくことでインフルエンザの発症をある程度防ぐことが出来ます。また、インフルエンザの重症化を阻止する効果が期待出来ますので、高齢者やお子様、基礎疾患をお持ちの方等のように、インフルエンザにかかった時に重症化するリスクの高い方等は、予め接種しておくことをお勧めします。

 

2.風邪を予防するために

 風邪を防ぐためには、まず体内にウイルス等を取り込まないようにすることが大切です。
 外出時はマスクを着用し、家に帰ったら手洗い・うがいを習慣にしましょう。手を洗った後はアルコール消毒をすると更に効果的です。

 最近では、体の中から免疫力を高める作用を持つ乳酸菌入りの飲料等も人気がありますので、毎日の食卓に取り入れるのもお勧めです。

 

3.風邪を引いてしまったら

 普通感冒の大半は、ウイルスが原因で起こるとされているため、抗生物質ではあまり効果が期待出来ません。
 そのため、症状に合わせた対処が必要です。

 但し、インフルエンザの場合は治療薬(抗インフルエンザウイルス薬)があります。

 抗インフルエンザウイルス薬は、発症から48時間以内に服用することが大切なため、いつもより症状が強く出ている場合には早めに病院で診てもらうようにしましょう。

 風邪の症状が軽度の場合は、市販の風邪薬で対処することも可能です。症状に合わせて選びましょう。
 但し、2歳未満のお子様の場合は、医師の診察を受けることを優先して下さい。

 では、風邪の症状に合わせた対処方法を、次にご紹介します。
 

引き始めの風邪

 空気中のウイルスは、息を吸うことによって鼻や口から体内に侵入します。
 そのため、空気の通り道である鼻やのどに、最初に症状が出ることが多いようです。
 また、体内にウイルスが入り込むと、防御反応として発熱を生じることもあります。

 それぞれの対処法を見てみましょう。

 

(1) のどの痛み

 引き始めの風邪でのどが痛い時は、イブプロフェンやトラネキサム酸等、炎症を抑えるタイプの成分を配合した風邪薬がお勧めです。
 それでも症状が改善しない場合には、アズレンスルホン酸を配合したトローチや、のど飴を併用するのも良いでしょう。
 マスクを着用してのどを潤すと、痛みが和らぐ場合もあります。

 

(2) くしゃみ・鼻水

 風邪の引き始めには、薄くさらさらした鼻水が出ることが多いようです。
 抗ヒスタミン薬(クロルフェニラミンマレイン酸塩・フマル酸クレマスチン等)の他、鼻汁分泌を抑えるヨウ化イソプロパミド・ベラドンナ総アルカロイド等が配合されている風邪薬が適しています。
 何度も鼻をかむと鼻の下が荒れて痛むこともありますので、ローションティッシュ等、肌に優しいものを使うと良いでしょう。

 

(3) 寒気、発熱

 風邪の引き始めの発熱は、体の防御反応のため、むやみに下げない方が良いといわれています。
 我慢出来るようであれば、水分補給に注意しながら様子を見るようにしましょう。

 風邪の引き始めで寒気がある場合には漢方薬の「葛根湯(かっこんとう)(※2)」、寒気の他にも強い関節痛を伴う場合には「麻黄湯(まおうとう)(※3)」がお勧めです。

 

※2:「葛根湯(かっこんとう)」

 葛根・麻黄等、7種類の生薬から成る漢方のこと。風邪の引き始めで寒気がする時、また頭痛・肩こり・筋肉痛等に用い、熱や痛みを発散させるといわれる。病気の初期段階で、比較的体力のある人に向き、逆に、体力の無い人や胃腸の調子の悪い人、発汗の多い人には向かない処方とされる。

※3:「麻黄湯(まおうとう)」

 中国古典にも記載のある漢方薬で、古くから風邪の初期に使用される。体の丈夫な人や、新陳代謝の盛んな子供に向くとされ、風邪のほかに気管支炎等、熱の出る急性疾患の初期に用いられる。悪寒・発熱・頭痛・関節痛・筋肉痛・咳等があり、汗は出ないという状態が処方の目安とされる。特に、節々が痛む時はこの処方が向くとされる。

 


風邪の中期〜後期

 体力が落ちている時等は、風邪をこじらせやすく、症状も悪化しがちです。
 細菌による二次感染を起こしている場合もあるため、症状が酷い時には病院で相談するようにしましょう。

 特に、長引く咳と1週間以上続く発熱がある場合、症状が進行して肺炎を起こしている可能性もあり、注意が必要です。
 なお、全身状態がそれほど悪くない場合には、市販の風邪薬で様子を見るのも良いでしょう。

 

(1) 咳、痰

 風邪が長引いてくると、咳だけではなく痰が絡むことが増えてきます。
 このような場合には、去痰成分のアンブロキソール塩酸塩やカルボシステインを配合した風邪薬がお勧めです。
 なお、咳が酷い時には、総合感冒薬よりも咳止め薬の方が、成分が充実しているため効果的です。

 

(2) 胃腸症状

 風邪のウイルスが気道から胃腸に達すると、吐き気や下痢等の胃腸症状が現れることがあります。
 吐き気が強い場合には、病院で吐き気止めを処方してもらった方が良いのですが、症状が軽い場合には、漢方薬の「柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)(※4)」がお勧めです。

 また、風邪の下痢はウイルス等を体外に排出するためのもので、なるべく止めない方が良いといわれていますので、整腸薬で様子を見ると良いでしょう。
 漢方薬の「胃苓湯(いれいとう)(※5)」も、風邪から来る下痢等の消化器症状に適しています。

※4:「柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)」

 柴胡・桂皮等、9種類の生薬から成る漢方のこと。体の熱や炎症を引かせ、痛みを和らげる働きをするといわれる。発汗を伴う発熱、頭痛・吐き気等の症状に用いられる。自然に肌が汗ばみ、吐き気や食欲不振がある人に向くとされる。

※5:「胃苓湯(いれいとう)」

 冷えた胃を温め、消化機能・水分代謝機能が低下してしまった胃の状態を改善する。消化不良で胃腸に水分が停滞し、吐き気や下痢のあるタイプに向く処方とされる。


<薬剤師に聞いてみよう!>

Q2:市販の風邪薬は、種類が沢山あり過ぎて、どれを選べば良いのか分かりません。

A2:風邪薬は風邪そのものを治すお薬ではありませんので、今出ている症状に対応した成分を選ぶことが基本です。
 そのため、「咳だけ」「鼻水だけ」「のどの痛みだけ」等、症状が1種類だけの場合には、それぞれ「鎮咳去痰薬」「鼻炎用薬」「解熱鎮痛薬または消炎鎮痛薬」をまず使ってみましょう。

 症状が複数出ている場合には、総合感冒薬がお勧めです。
 総合感冒薬は、製品によって成分が異なりますので、薬剤師や登録販売者等の薬の専門家と相談しながら、ご自分の症状に合うものを選ぶと良いでしょう。

 



 風邪を引きやすいこの時期は、特に、手洗い・うがいを忘れず行う等のウイルス対策を必ず行い、いつも以上に体調管理に気を配ることが肝心です。

 また、引いてしまった風邪には適切に対処し、悪化させないように、そして周りの人へのエチケットとしてマスク等をし、広めないようにしましょう。

 そして、早めの風邪予防・風邪対策を心がけ、この冬を乗り切りましょう。
 

風邪を予防するための生活習慣に関しては、栄養士コラムをご覧下さい。

2017年12月1日 カワチ薬品 ドラッグインフォメーション室

  • 会社情報
  • IR情報
  • 採用情報
  • 店舗情報・検索
  • 店舗物件情報募集