薬剤師コラム

カワチ薬品の薬剤師がお届けする薬剤師コラム

  • 薬剤師コラム
  • 栄養士コラム

テーマ体の中から冷え対策

寒さが厳しくなるこの季節、冷えでお困りの方が増えてきます。寒い冬を少しでも快適に過ごすために、体の内側からケアしてみませんか?

1.どうして冷え症になるの?あなたはどのタイプの冷え症?

 同じ場所で生活していても、冷えに強い人もいれば弱い人もいます。
 「冬になると靴下2枚履きは当たり前、どんなに厚着をしても寒い所では手足がすぐに冷えてしまう」という方からすると、真冬でも薄着で出歩けるような方をうらやましく感じることもあるのではないでしょうか。

 このように、「冷え」に対する反応が人によって異なるのは幾つか原因があります。
 「冷え」でお悩みの方は、まずご自分のタイプを確認してみましょう。大まかに言うと、手足や下半身等の「部分」が冷える方と、「全身」が冷える方に分けられます。

 

(1) 手足や腰等の一部分が冷える方(=部分冷えタイプ)

 「冬になると、しもやけが毎年のように出来てしまう」「足が冷えて、夜なかなか眠れない」「腰が冷えて、カイロが手放せない」等、寒い時期は、体の一部分の冷えを訴える方が多くなります。

 これは、冷えが体の中に侵入して体の熱が上手く全身に行き渡らなくなってしまうためで、貧血気味の方や運動不足気味の方等に多くみられます。

 「夏でも、冷房の効いた部屋にいると冷えて辛い」というような方は、このタイプに当てはまります。


 

(2) 手足は冷えるのに、顔はのぼせてしまう方(=冷えのぼせタイプ)

 暖房をつけると、「まだ手足は冷たいままなのに、顔はのぼせてしまってつらい」という方もよくいらっしゃいます。これは、体の中の血液循環が悪くなっているために起きている可能性があります。

 体の熱は、血液の流れと共に全身を循環しますが、血液の流れが滞ると熱が巡りにくくなり、「寒・熱」のバランスが崩れてしまいます。
 熱は上にのぼりやすい性質があるので、顔はのぼせるのに手足は冷える、というアンバランスな状態になってしまうのです。

 このタイプの方は、頑固な肩こりをお持ちだったり、女性の場合は生理痛がひどい、青あざが出来やすい等の症状がみられることもあります。


 

(3) 年齢と共に全身が冷えるようになった方(=年齢冷えタイプ)

 冬は勿論のこと、夏でもカイロを手放せないような頑固な冷えにお困りの方もいらっしゃいます。

 このタイプの方は、尿のお悩みを抱えている場合も多く、夜、トイレに起きてしまうのが日常化してしまっていることもあります。

 他にも、長く歩くと腰が重だるくなる、「ジージー」と蝉の鳴くような耳鳴りがある等、冷え以外にも様々な症状を伴うことが特徴です。

 

(4) 病気の後、全身が冷えやすくなった方(=病後冷えタイプ)

 全身が冷えるタイプの中でも、長期の病気や手術の後に冷えやすくなってしまったという方もいらっしゃいます。

 このタイプの方は、病後に体が十分回復出来ていない場合が多く、疲れやすい、風邪を引きやすい等のお悩みを抱えていることもあります。

 

 このように、一言で「冷え」と言っても様々なタイプの方がいらっしゃいます。
 ご自分のタイプを知ることで適切な対処が出来るようになりますので、是非、自分の症状を振り返ってみましょう。

 

2.冷え症:タイプ別のケア方法

 ご自分の冷えのタイプが分かったら、次はその対処方法を見ていきましょう。
 どのタイプにも共通する対処法は、「体を冷やさない」ということです。
 冬でもアイスクリームや冷たいビールで体を内側から冷やしてしまっている方は、どんなに厚着をして体を外側から温めても、なかなか冷えは改善しません。

 また、ファッションを優先するあまり、冬でも薄着で頑張ってしまうような方は、今は軽い冷えでも、年齢を重ねるごとに頑固な冷えに変わっていきますので要注意です。
 特に首回りやお腹、足は冷えが入り込みやすい部位なのでしっかり保温しましょう。

 次に、タイプ別の対処法です。

 

(1) 部分冷えタイプ

 このタイプの方は特に、冷えが体に入り込まないよう心がけましょう。
 室内では、靴下の他にレッグウォーマー(※1)を履き、腹巻やカイロ等で腰を温めます。
 外出する時は、手袋やマフラーを身に着けることは勿論ですが、薄手のカーディガンやストール等を常に持参し、冷えを感じたらすぐに身に着けられるようにすると良いでしょう。

 なお、冷えるからといって靴下を何枚も重ねて履いている方がいらっしゃいますが、逆に血行が悪くなってしまうこともありますので、締め付け過ぎには要注意です。
 最近は1枚でも十分暖かい「あったか靴下」も販売されていますので、上手に活用しましょう。


 また、カイロを使っていても冷えが気になる方には、肌に直接貼ったり、下着の内側に貼ったりして、肌に近い部分で温める温熱シート等もお勧めです。
 こちらは、お風呂のお湯のような温かさ(約40℃)が数時間持続するので、体を芯から温めてくれます。

 それでもなかなか冷えが改善しない場合は、漢方薬で体の内側から温めてみましょう。
 「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)」は、手足の末梢血管の血行を促進して、冷えを改善します。
 そのため、冷えによって起こるしもやけや下腹部の痛み、腰の痛み、頭痛に効果的です。

 また、貧血や疲れやすい等の症状がある方には、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」もお勧めです。
 「当帰芍薬散」は、特に、月経痛や月経不順、むくみ等の女性に多い悩みに適しています。
 これらの症状が気になる方は、是非お試しください。
 

※1:「レッグウォーマー」

ふくらはぎの保温のために使われる、ひざ下部分を覆う靴下の一種。

 

(2) 冷えのぼせタイプ

 このタイプの方は、まず血行を改善することが大切なので、ストレッチや運動で血液を循環させましょう。
 お風呂に入る時は、熱いお湯に肩まで浸かるのはNG。体が温まる前にのぼせてしまいます。 
 ポイントは、下半身をじっくり温めること。ぬるめのお湯(38〜40℃)に15分間くらいゆっくり浸かりましょう。
 この時、体を温めるバスソルトを入れるのもお勧めです。
 保温効果のあるオレンジや、発汗を促すリンデンバウム(セイヨウボダイジュ)が入ったバスソルトは体をしっかり温めてくれるので、寒い時期にお勧めの入浴剤です。

 その他にも、漢方薬で体の内側から血行を改善する方法もあります。漢方薬の「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」は、血液の滞りを改善する働きがあるため、のぼせや手足の冷えを伴う諸症状に効果が期待出来ます。 


3) 年齢冷えタイプ、病後冷えタイプ

 これらのタイプの方は、加齢や病気によって衰えてしまった体力を取り戻し、冷えの原因になる筋力不足を改善することが大切です。
 但し、体力が低下している場合が多いので、急に体を激しく動かしたりすると逆に体が弱ってしまうこともあります。
 ヨガやストレッチ等の軽い運動で毎日体をゆっくりと動かすようにして、血行を改善しながら体力を少しずつ取り戻していきましょう。

 漢方では、年齢冷えが気になるタイプに「八味地黄丸(はちみじおうがん)」、病後冷えが気になるタイプに「十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)」をお勧めします。
 どちらも即効性が期待出来るお薬ではありませんので、体に合うようならしばらく飲んで体調を整えていきます。
 飲んでみて疲れが取れてくるようなら体に合っている証拠ですので、是非続けてみて下さい。(※ 服用の前に薬剤師・登録販売者にご相談下さい)

 

 

3.体を温める食事

 栄養バランスの取れた食事を基本に、体を温める食材をプラスしていきましょう。
 例えば野菜なら、生姜やにんにく、長ネギ、ニンジン等の野菜は体を温めてくれます。
 トマトやレタス、キュウリ、ナス等の夏野菜は体を冷やしてしまうので、寒い時期に摂るなら熱を加えて調理する等、調理法を工夫すると良いでしょう。


 また、辛いものを食べると体がぽかぽかするように、生姜に含まれる「ジンゲロール」(※2)、唐辛子に含まれる「カプサイシン」(※3)、コショウに含まれる「ピペリン」(※4)といった辛味成分には、それぞれ血液の流れや発汗を促す等の働きを持っており、代謝を活発にし、体を温める働きがあります。
 体を温める食材や栄養素と一緒に、上手に取り入れましょう。

※2:「ジンゲロール」

生のショウガに多く含まれる辛味成分。血管を収縮させる物質の作用を抑制することから、血流を促進し、冷え改善効果があると言われている。

※3:「カプサイシン」

唐辛子に含まれる辛み成分。ホルモンの分泌を促すことで熱エネルギーを発生させ、体を温める効果があると言われている。

※4:「ピぺリン」

コショウ科の植物に含まれる辛味成分。熱の発生を促進すると共に、血流を促進する作用を持つと言われている。

 ご自分の冷えに合った対処法は見つかりましたか?
 出来ることから1つずつ実践して、冬を乗り切りましょう。

 なお、漢方薬は体質に合った処方を選ぶことが大切です。
 他にも気になる症状がある方は、是非、薬剤師・登録販売者にご相談下さい。

 
 

食生活に関するアドバイスは、栄養士コラムをご覧下さい。

2016年12月1日 カワチ薬品 ドラッグインフォメーション室

  • 会社情報
  • IR情報
  • 採用情報
  • 店舗情報・検索