会社情報

ストアコンセプト

お客様の心理と行動を追求して生まれた独自の店舗戦略が結実した具体的なカタチ。

ショートタイムショッピング

店舗は主要生活道路沿いに位置し、広大な駐車場を備え、大型店でありながら気軽に立ち寄れるコンビニエンス性を実現。段差もなく、どなたでも安心してお買物して頂けるよう配慮しております。

ワンストップショッピング

普段の生活に必要な商品(生鮮食品を除く)を豊富に揃える理由は、毎日のお買物だからこそ楽しんで頂きたいという想いから。生活のあらゆるシーンで必要とされる商品が一度に揃えられます。

エブリデイロープライス

毎日の生活に必要とされ、次々に消費され繰り返し購入されるものだからこそ「安心」で「高品質」なものをご提供。いつご来店頂いても納得の価格でご提供しております。

メガ・ドラッグストア

グラフ│ドラッグストア分類

私たちの理念「ファーマシー・モア」。お客様の健康をトータルでサポートしていきたい、という想いから、豊富な品揃えをしながら店舗の大型化を図ってまいりました。現社長が大型店開発担当であった当時、米国流通業を研究し、日本に適した独自のフォーマットとして開発した業態が「メガ・ドラッグストア」です。通常のドラッグストアは、売場面積90坪以上と定義されていますが、当社の「メガ・ドラッグストア」の定義は400坪以上です。
私たちが出店している店舗の売場面積は400〜1,000坪。ドラッグストアの平均は約230坪ですので、実に2〜5倍の面積を誇っています。

日本初 調剤併設型 メガ・ドラッグストア

1996年カワチ薬品は従来のメガ・ドラッグストアをさらに一歩推し進め、調剤薬局併設型メガ・ドラッグストアを完成させました。
メガ・ドラッグストアがあらゆる生活シーンを支える身近な店舗だからこそ、医療機関である薬局を隣接する意義があると私たちは考えています。

医薬分業が進んだ現在、もっと日常レベルでの医療が必要とされる時代が来ています。そこで、生活者の側で専門的な立場から、多くの皆様の「健康」を支えていこうというカワチ薬品の積極的なチャレンジが、この日本初の調剤薬局併設型メガ・ドラッグストアを誕生させました。現在も着々とインストア型調剤薬局を各県に増やしております。

田尻調剤センター(日立市田尻町)

病院からは、日々患者さまの処方箋がFAXで届きます。そして患者さまが来店する頃には、処方した薬をお渡しすることができるというシステム。
まだ門前薬局が主流であった頃、当社では設立当初から、複数の病院から処方箋を受付けるという面分業に対応した調剤薬局を確立し、門前薬局とは一線を画した薬局の展開を図ると共に、地域に密着した医療機関の意義を広めてまいりました。
さらに、店舗併設型であることから同時に買い物もでき、一ヶ所で複数の用件が済んでしまうという利便性を提供。薬剤師を中心とするスタッフも健康食品や美容に関わる商品、さらには一般食品に至るまで広範囲の商品知識を持ち、総合的に的確なアドバイスが得られるなど、既存のドラッグストアとは、一線を画したサービス内容を提供しております。

これからは、薬剤師が地域の方々の健康を支える重要な役割を担っていくことでしょう。そのため、ここ、田尻調剤センターでは、店舗と連携した業務のほか、新人育成のための研修施設としても機能しており、次代を担う人材育成も行っております。