IR情報

ディスクロージャー・ポリシー

1. 基本方針

  • 株式会社カワチ薬品(以下、当社といいます)は、金融商品取引法及び東京証券取引所の定める適時開示規則に従って、適時・適切且つ公平な情報開示を行っております。
  • また、それ以外の諸法令や適時開示規則に該当しない個別判断が必要な情報に関しても、異なる部門間での協議により開示すべきと判断した場合は、適宜開示を行っていく方針としております。

2. 情報開示の方法

  • 適時開示規則に基づき開示が必要となる情報は、東京証券取引所が運営する「適時開示情報伝達システム(TDnet)」(以下、TDnetといいます)にて開示致します。当社はTDnet開示後、速やかに同一情報を当社ウェブサイト(以下、当サイトといいます)に掲載致します。
  • また、適時開示規則に該当しない情報であっても、発行者又は金融商品に関係する未公表の確定的な情報であって、公表されれば発行者の有価証券の価額に重要な影響を及ぼす蓋然性がある情報やその他開示が望ましいと当社が判断する情報につきましては、当サイトへの掲載等により出来る限り公正且つ広範な情報開示を行います。

3. インサイダー取引の未然防止

  • 開示規則に該当する会社情報がTDnetを通じて公開された時点で、インサイダー取引規制上の公表措置が完了することとなります。これに基づき当社では、2の方法に則り速やかな情報開示を行います。
  • インサイダー取引の防止等につきましては、情報管理規程及び内部者取引管理規程を制定し、社員に啓蒙をすることにより防止に努めております。

4. 将来の見通しについて

  • 当社では、当社が株式上場している東京証券取引所に提出する業績予想に加えて、その他の方法により、業績見通しに関する情報を提供する場合があります。それらの情報は、作成時点で入手可能な情報に基づき合理的と判断したもので、リスクや不確実性を含んでおります。実際の業績は、様々なリスクや不確定要素の変動及び経済情勢等によって、見通しとは異なる結果になる場合があることをご承知おき下さい。

5. 沈黙期間

  • 当社は、決算情報の漏洩防止と公平性確保のため、本決算(3/15)及び各四半期決算期日(6/15、9/15、12/15)の翌日から決算発表日までをIR自粛期間(以下、沈黙期間といいます)としております。沈黙期間は、決算に関する対外的なコメント及び質問への回答を差し控えることとしております。なお、沈黙期間であっても既に公表されている情報に関する質問等につきましては適宜対応致します。
  • ただし、沈黙期間中に、公表している業績予想と著しく異なる見通しが発生した場合は、適時開示規則に沿って、適宜TDnet等により情報開示を行います。

免責事項

1. 当サイトに掲載しているIR情報は、株式会社カワチ薬品及びグループ会社の会社情報、財務情報、経営情報等の提供を目的としております。当サイトへの情報掲載は、投資勧誘を目的にしたものではありません。投資のご決定は、ご自身の責任と判断で行うようお願い致します。

2. 当サイトに掲載している情報は、東京証券取引所に開示している情報の全てが掲載されていない場合や異なった表現がされている場合があります。

3. その他につきましては、サイトポリシーに準じております。